現役女子中学生&女子高生モデル 体操服の国 no,5

現役女子中学生&女子高生モデル

現役女子中学生&女子高生モデル  体操服とは?
体操服(たいそうふく)とは、日本で広義にはトレーニングウェアなど運動をする為の服装一般を指す言葉であるが普通は
学校教育における体育等の時間に着用される服装をさす。
普段着よりも身体の動かしやすさを重視して作られている。 かつて、1970年代から1990年代半ばまでは、女子の体操服は
半袖の体操シャツにブルマーが定番であったが、1990年代半ば以降は男女ともに半袖のシャツにハーフパンツ(または短パン)
が一般的になっている。

ブルマーは、主に女性が運動を行う際、下半身に着用する丈の短いはきもの。
日本では学校教育で体育の授業の運動時に着用する体操着、スポーツ用パンツである。また、女子バレーボールの選手など
が試合、練習ではくユニフォームパンツもあり、バレーブルマともいう。その他、チアリーダーが穿くコスチュームパンツ。

1970年代からブルマーが、もんぺ・ちょうちん型から完全にパンツのように大腿部を完全に露出するスタイルに変貌した。
これに伴い、同年代の男子を始めとする周囲の人々からの視線に恥ずかしさを覚えやすい思春期の女子から反発が生じた。
特に裾からパンツが露出するいわゆるハミパンが生じやすいなどの欠点があった。

現実の校庭からはほぼ完全に消え失せたブルマーであるが、その事が却ってオタク・サブカルチャーにおける地位を高める事
になり、いわゆる萌え属性のひとつとして確固たる地位を占めている。
ブルマーによってくっきりと見える臀部のラインや太股などが人気の背景にある。