現役女子中学生&女子高生モデル スクール水着の国 no,3

現役女子中学生&女子高生モデル

現役女子中学生&女子高生モデル  スクール水着とは?

スクール水着(スクールみずぎ)は、日本において、小学校から高等学校までの体育教育における水泳用に採用されている
水泳着(水着)を指す俗称である。一部ではスク水と略されることもある。
競泳用水着に比較すると、やや活動性に欠ける仕立てである。色は紺や黒が多く、青や水色・緑・赤あるいはえんじなどを
採用し学年色・学校色としている例も多い。1980年代初頭ごろまでは、白地に学年色をストライプに配色した派手なデザインも
一部でみられたが、一般的には全体を単色としたり、縁取り・ライン・切り替えし等をシンプルに配しただけの地味なデザイン
としていることがほとんどである。

小学校の場合は、教室での着替え・専用の更衣室・など更衣場所は様々だが、水着着用の場合は裸体を隠す人が多い。
また、基本的に巻きタオルを使用する場合が多い。男女同室での着替え・男女別など色々あり、男子は腰を巻きタオルで覆い
女子は首にあわせて巻きタオルをつけ水着を着用する。

スクール水着は、ブルマー同様、男性のフェティシズムの対象として風俗的なメディアでしばしば取り上げられる。
中でも代表的と言えるのが、ブルセラ系雑誌の『Cream』(ワイレア出版)で、10年以上の歴史がある。
また同種にホイップ(コアマガジン)や過去には『ラッキークレープ』(バウハウス)もあり、これらのタイトルを総称し
「制服・ブルマー・スクール水着」は、「お菓子系」と呼ばれている。